Nantoka日和

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回ネットアリーナ

というわけでシェイドさんの主催により一回目のアリーナが開催されました。

ネット接続を利用したオフ会という感じですが、遠隔地のプレイヤーと、鯖機があるシェイドさん宅とをリンクして対戦しちゃおうという会でした。毎月第三土曜に開催できたらいいな、という感じ。

参加者は僕、たきやんさん、シェイドさん、アキさん、おかぴーさんでした。

僕はアペイロンで出撃して、おかぴーのガチタンに負けて同率一位。
あっきーとおかぴーと仲良く同率w

配信のログはこちらで


一試合平均2発~ということで、アペイロンのロケが神がかってきたw

1発が確定火力になったら完全にヒエラルキーの上位に食い込めるのでこの調子で頑張りたい


バズーカは終盤にボッコボコにされて1P萎えしたものの、
流し撃ちという究極のガンナーパワーを習得すればひっくり返すことができるはず。
と夢見てまだかじりついていきたいです。

対戦してくれた方ありがとうございました!

続・続・バズーカ萌え【ACPP】

ということで毎日投稿やる気をもらえるほど熱帯のスバラシイ日常を送っています。

1001マルチバズーカ機のガンナーに対する耐性を得るべくフレームを強化してみよう!
E最固カラス
ということでガンダム頭のカラスという汎用フレームに。
APが下がることで高速機のゲリラ戦には少し不安を残すものの、ミサイルとバズーカでなんとか食らいつける感じ。
ピピコには100点しか食らわないし、かなりの生存率が向上。
ハンドガン相手にダメージ効率で負けるので、そこをどれだけ玄人射撃できるか、という感じ。

501垂直や1001マルチもよかったけど、フレームの安定度で★一つ抜けたかな~という機体になったとさ。

ってわけで結局カラスになったしまいましたが、バズーカ萌え萌えもここが一定の到達点かなぁと思っています。

豊富な総火力・弾数、爆風による固め抜け、実弾によるOP選択の優位性など、NDサイトを克服すると超優秀な点が大好きで使い始めたバズーカなんだけど、対戦して詰めていくうちに必要な要素が思いのほか分からないのが難しかったです。

ガンナーは特に、補正的ヒエラルキーが下記のようにおおむね分類できて
補正強ガンナー>肩武器なしの武器腕機体>ミサガンナー(ブレレス)、肩武器ありの武器腕機体>その他の機体
1Pでも補正ガンナーに戦える思考を選択するのが面白い。


ちなみに流し撃ちなるテクニック、バズーカでもすごく有用なので、単装ガンナーでもなかなか楽しみではある。
実戦で反射的にやるのはかなり難しいけど・・・w
これが息をするようにできるようになるのが今のところ目標。


バズーカよ永遠なれっっ・・・!!

続・バズーカ萌え【ACPP】

連日にわたる対戦のおかげでバズーカ萌え萌え研究も到達感を得られつつあります。

先の単装系に加えてミサイル+バズもちょっと触っていました。

このカテゴリは補正ガンナーには1Pバズーカになるものの、普通の剣豪系や風重には2P補正を狙えるという感じ。

プロトタイプ1001
初期コアにしてAP高めてマルチもてばステージ完全対応で強いんじゃね理論
しかし速度という欠陥でザンネンなことに。

改良版1001バズマルチ
てことで改良したのがこれ。速度も十分あり、広い範囲で戦える相手が増えた。
凶悪な江藤機も補正パワーで食えるのが強み。
このミサイル+銃のタイプのなかではなかなかの安定度になったと思う。
でも空戦型補正ガンナーには正面切って弾をバラまかれると泣くしかないのが中2のつらいところ。

んじゃ501は?
ってことで501で無理やりマルチにしてみたぞっていう機体。
が、中近距離でチャンスをうかがう501バズのタイプとマルチの相性があまりよくなく、
AFのロック速度も瞬発力にかけるのでマルチとバズの連携がイマイチ。

501は垂直
この手の機体の課題としては、やはり2Pで補正ガンナー食えるかどうか、に尽きると思う。
NDに加えて補正まで・・・という悲しいバズを憂いてはいけない。
機動力と武器との連携というプレイヤーの基本性能で何とかするべし。

V6バズカラス
V6パワーで何とかする機体。こいつもポテンシャルあるとは思うけど、バズーカが強いというよりV6が強いからなぁ・・・っていうw

あとは核とトリミサが候補にはなるけど、AFとの相性的な問題もあるし、何より組み合わせが趣味じゃないのでw
ほかにデュアルみさいるなんかも使えるかもしれない。弾余ると思うけど。

今のところバズーカの到達点は501垂直か、1001マルチ。

ず~~っと使ってたせいで1Pでもわりと当てれるうようになってきて、流し撃ちも中2くらいの旋回性能だったらできそうな気がしてきました。
このガンナースキルに依存した形で性能が発揮されるのは乗り手を選ぶっていう意味でバズーカやっぱ萌え萌えですね!

てことで1001の単装タイプも流し撃ち練習がてらちょっと使ってみようと思う。

連日研究にお付き合いいただいた皆さんありがとうございました!
バズ道は終わらないっ!

バズーカ萌え【ACPP】

熱帯が実機並みになり、パソコンを起動して毎日のようにサクッと対戦できる夢のような時代がやってきました。
そして再燃するAC熱、、、過去にやりたかったけどできなかった夢・・・(爆)

ということでACPPのバズーカ萌え萌えの日々を送っています。

バズーカってすごいんですよ。
まず

・弾がでかい
・当たったら爆発する
・巨大な砲身

ね?


ということで、真面目な話も書いていこうと思いますw

ACPPは重2も風を基本とするので、基本的に装甲がガッチガチに硬い機体はあまりおらず、
火力飽和になりやすい特徴のゲームです。タンクだけはこの点別格にガッチガチですが・・・

で、バズーカの50発という潤沢な火力は一発だいたい300~500点のAPを奪うことができ、
その豊富な弾数の持続力で5分間駆け引きし続けることができます。

さらに爆風の効果で風のない機体でも固め抜けできるというのが大きなメリット!
小技の利いた着地緩和や、硬めに弱い脚部がハンドガンのキャッチから逃れることができる手段として大いに活躍します。

この固め抜け、さらにすごいことに長い砲身のおかげで湿気る(ロケが水面に当たって爆発しない現象のこと)ことなく、
海底に直接砲身をぶち込んで爆発→固め抜け→ヒャッホー!という素晴らしい防御力を持つことができます。

これだけ便利なバズーカですが、万能ではありません。
なぜならMoAでSPサイトになったこの武器、PPではNDサイト武器なのです!!
武器自体のポテンシャルは高いものの、このサイティングという難を残すがために愛おしいB級武器として輝くことになったバズ。
萌えますね!(爆)

あ、小バズはゴミ超玄人武器なので残念ながらミッションで活躍してもらうとしましょう。



★バズーカの狙いどころ

・着地硬直を狙え!
貴重なボーナス点をもらえる着地硬直。
FCSはQX-AFが基本だと思いますが、ND武器のおかげでけっこう遠くまでロックできます。
あいつ着地しそう!と思ったら地面ガン見で狙いましょう。

・着地硬直を入れかえろ!
空中戦の後、お互いに着地硬直をしあう状況は少なくありません。
そんなとき自分は砲身を下にむけて爆風で着地緩和→素早く相手の方向を向いて硬直している相手を狙撃!

・夢のバズコンボ
相手が落下軌道中にバズーカをヒットさせると、そのままたたき落とせることがあります。
その後の硬直もおいしくGET!で、軽2クラスなら、1000点チャンス。

などなど。
基本的なガンナースキルと変わりませんが、着地硬直入替でけっこう点数を出せます。慣れたら。


============
★試してきた面白いアセンたち。


バズーカ単装軍団
黒竜フレーム大バズ
シェイドさんの補正研究で生まれた補正につよい黒竜フレームのバズーカ版。
FCSが21だったりするけど抜群の飛行性能で活躍。
ただしめちゃくちゃペラいので、ほんとに扱いはピーキー。。。

502
これまたアビシニアンさんのヴィシャス(唐沢502)のバズ版。
高いAPで弾き撃ちに対応し、たかい補正能力ももつものの、初期コアによるOP不足でコンデンサ容量に不安あり。
PPKガンナーに多いSOコアとガンダム頭にしてもいい。

デビガンバズ
硬いカラスにバズーカ単装の構成。ガンナー相手には不足ないものの、低いAPで色々と小細工していかないと攻めるのが大変。装甲差や火力差を十分理解した玄人向け。安定度はなかなかに高い。

ちなみにTLカラスに無理やり積むこともできるものの、レッドゲージからの回復力に泣くので継戦能力が失われるためあまりおススメではない。それをやるならAPも高い501単装型のがよいと思われる。

忘れてはいけない逆足
固め抜けできない悲しい足として有名な逆関も、バズーカの爆風抜けのおかげでフレキシブルな対戦ができる夢の足に早変わり。
固めをなんとかできたら、高いAPというメリットだけが残る。
2B45Aのバランスのよさで502+初期コアに並ぶAPを持ち、最軽量ブースターでも十分な飛行性能を持てる。
あんまり思いと固め抜けばかりにバズーカを使わされて、結局なんのための砲身かわからない自虐機体になるので、最低限の速度は維持いしたい。

=========

単装では、やはり補正負けしていたり、AP負けてたりすると攻めるのが大変になってくる。
手数の多い相手にもジリジリ差を広げられやすく、せっかく一発500点という駆け引きに効果的なイニシアチブを奪われがち。
結局は特化機体ということで、ある時はしっかり守ったり、弾を後半にためてみたり、など、対戦センスに自信のある人むけ。

来人的には、この不都合を補うために最近はAFと相性のいい垂直ミサイルを使って運用している。

501垂直バズ
マイルドになったが、総合的な汎用度は上がった。
ここから逆脚にしたり肩のミサをマルチに変えてみたり、と、派生はいろいろ出来るかと思われる。

ブレードを載せた場合の補正力はけっこう下がってしまうので、やはりガンナーとしての最低限の補正パワーの恩恵にあずかれるだけの工夫はしておきたい。好みもあるとは思うが、ブレードは割り切って外した方がいいかと思われる。



ということでレッツバズーカ!

2P補正その後

シェイドさんの発見もあり、2P補正の全貌が明らかになってきたので、
その観点から過去ログにある記事を補足しておきました。
いやー8年もたってるなんて。

そしてまだ遊んでいる自分がいるなんて(爆)

初代系ACの2P補正について

過去ログ


あ、ネット対戦やっています。
オープンにたのしくやっています。初めての方もぜひごいっしょに!

詳しくはシェイドさんのHPで
プロフィール

らいと

Author:らいと
月日が流れてなんとか日和
いつまでたっても初代系は不朽の名作ですね。
AC2AA、ACPPの話題を中心に旧作をつぶやいてます。
ツイッターもやってるので心当たりある方はフォロー申請ください。

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。