FC2ブログ

Nantoka日和

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バズーカ萌え【ACPP】

熱帯が実機並みになり、パソコンを起動して毎日のようにサクッと対戦できる夢のような時代がやってきました。
そして再燃するAC熱、、、過去にやりたかったけどできなかった夢・・・(爆)

ということでACPPのバズーカ萌え萌えの日々を送っています。

バズーカってすごいんですよ。
まず

・弾がでかい
・当たったら爆発する
・巨大な砲身

ね?


ということで、真面目な話も書いていこうと思いますw

ACPPは重2も風を基本とするので、基本的に装甲がガッチガチに硬い機体はあまりおらず、
火力飽和になりやすい特徴のゲームです。タンクだけはこの点別格にガッチガチですが・・・

で、バズーカの50発という潤沢な火力は一発だいたい300~500点のAPを奪うことができ、
その豊富な弾数の持続力で5分間駆け引きし続けることができます。

さらに爆風の効果で風のない機体でも固め抜けできるというのが大きなメリット!
小技の利いた着地緩和や、硬めに弱い脚部がハンドガンのキャッチから逃れることができる手段として大いに活躍します。

この固め抜け、さらにすごいことに長い砲身のおかげで湿気る(ロケが水面に当たって爆発しない現象のこと)ことなく、
海底に直接砲身をぶち込んで爆発→固め抜け→ヒャッホー!という素晴らしい防御力を持つことができます。

これだけ便利なバズーカですが、万能ではありません。
なぜならMoAでSPサイトになったこの武器、PPではNDサイト武器なのです!!
武器自体のポテンシャルは高いものの、このサイティングという難を残すがために愛おしいB級武器として輝くことになったバズ。
萌えますね!(爆)

あ、小バズはゴミ超玄人武器なので残念ながらミッションで活躍してもらうとしましょう。



★バズーカの狙いどころ

・着地硬直を狙え!
貴重なボーナス点をもらえる着地硬直。
FCSはQX-AFが基本だと思いますが、ND武器のおかげでけっこう遠くまでロックできます。
あいつ着地しそう!と思ったら地面ガン見で狙いましょう。

・着地硬直を入れかえろ!
空中戦の後、お互いに着地硬直をしあう状況は少なくありません。
そんなとき自分は砲身を下にむけて爆風で着地緩和→素早く相手の方向を向いて硬直している相手を狙撃!

・夢のバズコンボ
相手が落下軌道中にバズーカをヒットさせると、そのままたたき落とせることがあります。
その後の硬直もおいしくGET!で、軽2クラスなら、1000点チャンス。

などなど。
基本的なガンナースキルと変わりませんが、着地硬直入替でけっこう点数を出せます。慣れたら。


============
★試してきた面白いアセンたち。


バズーカ単装軍団
黒竜フレーム大バズ
シェイドさんの補正研究で生まれた補正につよい黒竜フレームのバズーカ版。
FCSが21だったりするけど抜群の飛行性能で活躍。
ただしめちゃくちゃペラいので、ほんとに扱いはピーキー。。。

502
これまたアビシニアンさんのヴィシャス(唐沢502)のバズ版。
高いAPで弾き撃ちに対応し、たかい補正能力ももつものの、初期コアによるOP不足でコンデンサ容量に不安あり。
PPKガンナーに多いSOコアとガンダム頭にしてもいい。

デビガンバズ
硬いカラスにバズーカ単装の構成。ガンナー相手には不足ないものの、低いAPで色々と小細工していかないと攻めるのが大変。装甲差や火力差を十分理解した玄人向け。安定度はなかなかに高い。

ちなみにTLカラスに無理やり積むこともできるものの、レッドゲージからの回復力に泣くので継戦能力が失われるためあまりおススメではない。それをやるならAPも高い501単装型のがよいと思われる。

忘れてはいけない逆足
固め抜けできない悲しい足として有名な逆関も、バズーカの爆風抜けのおかげでフレキシブルな対戦ができる夢の足に早変わり。
固めをなんとかできたら、高いAPというメリットだけが残る。
2B45Aのバランスのよさで502+初期コアに並ぶAPを持ち、最軽量ブースターでも十分な飛行性能を持てる。
あんまり思いと固め抜けばかりにバズーカを使わされて、結局なんのための砲身かわからない自虐機体になるので、最低限の速度は維持いしたい。

=========

単装では、やはり補正負けしていたり、AP負けてたりすると攻めるのが大変になってくる。
手数の多い相手にもジリジリ差を広げられやすく、せっかく一発500点という駆け引きに効果的なイニシアチブを奪われがち。
結局は特化機体ということで、ある時はしっかり守ったり、弾を後半にためてみたり、など、対戦センスに自信のある人むけ。

来人的には、この不都合を補うために最近はAFと相性のいい垂直ミサイルを使って運用している。

501垂直バズ
マイルドになったが、総合的な汎用度は上がった。
ここから逆脚にしたり肩のミサをマルチに変えてみたり、と、派生はいろいろ出来るかと思われる。

ブレードを載せた場合の補正力はけっこう下がってしまうので、やはりガンナーとしての最低限の補正パワーの恩恵にあずかれるだけの工夫はしておきたい。好みもあるとは思うが、ブレードは割り切って外した方がいいかと思われる。



ということでレッツバズーカ!
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

らいと

Author:らいと
月日が流れてなんとか日和
いつまでたっても初代系は不朽の名作ですね。
AC2AA、ACPPの話題を中心に旧作をつぶやいてます。
ツイッターもやってるので心当たりある方はフォロー申請ください。

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QRコード
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。